カジノと一般的なギャンブル

海外旅行の際にカジノを経験する人でも、海外でスポーツ賭博に挑戦した話はほとんど聞きません。ところが実際に海外のバーに行ってビールを注文すると、カウンターに座って飲みながら、テレビでスポーツが流れていて、ビール瓶を片手にオッズの話で盛り上がったりします。特にスペインのサッカーでは自分の出身地が日本の東西と同じように南北で分かれるので、対抗心むき出しで応援します。スポーツ賭博は純粋に自分のチームを応援する人が多いのですが、日本では悪いイメージがあります。日本のスポーツ界ではアスリートに対して「感動を共有して喜びと幸せを広げる」ことと「支援している国民の期待に沿う」ことが求められているからだと言われています。これに対してカジノは公の賭博で大金が動きますが、スポーツ賭博に比べて一般的なものとして受け入れられていますが、理由はこんなところにあるようです。特にアスリート達は年齢が若くてストレスに晒され続けるので、ギャンブルに走りやすい傾向があるようです。これに対してカジノはアスリートを気にする必要なく24時間楽しむことができます。日本人は世界でもギャンブル好きで、ある調査によると、ギャンブル中毒者の割合は、アメリカ1.4%、イギリス0.8%、スペイン1.7%、オーストラリア2.1%に対して、日本は男性9.6%、女性1.6%という結果があります。スポーツ賭博は親しみが薄いですが、パチンコ、パチスロ、競馬、競輪に熱中する人はたくさんいます。カジノの悪いイメージを持つ話がよくありますが、一概に他と比べて悪い訳ではありません。カジノと一般のギャンブルの控除率(運営者の取り分)を比べてみると、カジノがおよそ3%に比べて、日本の宝くじは55%、競馬、競輪は20−30%、パチンコパチスロは10−15%に設定されています。運営者の取り分が大きいと、それだけ勝つことが難しくなります。パチンコや競馬よりも勝ちやすいカジノ。一度挑戦してみるのは面白いかもしれません。

サッカーに賭ける

どんな国の子供でも体一つで遊べることから、サッカーは世界中で人気です。ファンが世界中に広がるに従い人気のチームの応援にも熱心になり、世界中で贔屓のチームに賭けるサッカークジの人気が高まっています。今ではオンラインで世界中のマッチに賭けることができます。実際にどうやって賭けるのかを見てみると、勝ち、負け、引き分けの3つに賭ける3ウェイと、勝ち、負けの2つに賭ける2ウェイ、ゴール数に賭けるゴールラインがあります。例えば2014年のブラジルワールドカップ日本対オーストラリア戦を見てみましょう。この試合の賭けを取り扱っていたブックメーカーのpaddypower.comによれば、日本勝利6倍、オーストラリア勝利2倍、引き分け23倍になっています。これが2ウェイになると、倍率がさらに上昇します。オッズをみてオンラインで気軽に賭けることができるので簡単に購入できます。とはいえ、細かいルールがあるため難易度が低いわけではないので、気をつける必要があります。ゴールラインで賭けると細かい賭けができますが、90分間の通常時間のゴールだけ換算されて、ペナルティキックは含まれない点や、ゴール数が.25の倍数で計算されるため、ゴール数2.5と書いてあったら3ゴール以上で勝つ必要があるなど、かなり英語の説明を読み込まないと安心してベットすることができません。有名なブックメーカーでは、デポジットボーナスがもらえます。例えば100%のボーナスがあると、$100の入金で$100のボーナスがもらえます。とても良い話に聞こえますが、獲得した金額の引き出しには条件が付いているので注意が必要です。例えば、A業者:「ボーナス100% ターン6倍」とされている場合、$100入金すると$100受け取ることができますが、そのお金は賭け金が$600になるまで引き出すことができません。6倍でもかなり高額ですが、業者の平均ターンは10倍以上なので、獲得する金額に加えて、ターン数を必ずチェックしましょう。